現在の場所は

自動車共済の特色

お仕事でご使用の場合でも同じ掛金です。

当組合は、中小企業者のための自動車共済制度を運営しております。損害保険会社のリスク細分型商品では、お車の使用目的が「業務」、「通勤・通学」、「日常・レジャー」に区分されており、使用目的が「業務」の場合は、高い保険料設定となっています。自動車共済は、使用目的による掛金区分はございませんので、「業務」=お仕事でご使用の場合でも同じ掛金でご加入いただくことができます。

年代別掛金制度を採用しておりません。

損害保険料率算出機構※が平成21年6月に各年代別の損害率に基づく料率設定の基礎となるデータを公表しました。これにより損害保険会社の多くは、従来の運転者の年齢条件に加え、主にそのお車を運転される方(記名被保険者)の年齢(年代)によって保険料に差が出る制度を採用しています。概ね、高齢者の方は保険料が高くなる設定になっています。

当組合の自動車共済は、年代別掛金制度を採用しておりませんので、主にそのお車を運転される方(記名被共済者)の年齢(年代)による掛金の格差はありません。

※損害保険料率算出機構…会員である損害保険会社の統計データを分析し、保険料の基礎となる料率(参考純率)を算出する組織です。

中小企業の団体様向けにお得な制度があります。

当組合では、団体割引制度や紹介代理所制度などの中小企業の団体様向けのお得な制度によって中小企業の皆さまをサポートしております。

団体割引制度

協同組合や企業組合など、当組合が定める基準を満たす団体の場合、団体割引の適用を申請いただくと、団体の構成員の方に対して団体割引を適用することができます。

契約台数 割引率
10〜19台 5%
20台以上 10%

※1,000台以上の団体につきましては、上記の他に損害率による割引が適用できます。

紹介代理所制度

当組合と紹介代理所委託契約を締結していただき、団体の構成員の方に自動車共済の普及推進を行っていただきます。

構成員の方がご加入いただいた場合には、手数料をお支払いいたします。

※自動車共済契約の手続きは、当組合契約担当者が行います。

※紹介代理所制度は、栃木県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県・長野県・静岡県でのお取扱いとなります。

※紹介代理所制度の詳細につきましては、上記の地域の支部へお問い合わせください。

ご加入をお考えの皆さま